ふう。

 

 決まり切った定型文のような文章を打ち、メール送信のボタンを押すと、おもむろに席を立ちキッチンへと向かった。仕事場から漏れた明かりでぼんやり薄明るく、むっとしている。冷蔵庫を開け、冷たい麦茶を取り出す時に「ふう」とひと息ついた。今年もどこへ行くことなくお盆は終わった。窓を開けてもクルマの音も聞こえず、人通りもない。そんなもの静かな空間の中で、ただただ熱気と戦いながらパソコンとにらめあっている孤独な時間が終わったのだ。空虚感と安堵感。そんな気持ちを味わいながら、またパソコンの前に座っている。パソコンの冷却ファンの音がやけに響く。そんな2012年の8月15日深夜。


| 2012.08.16 Thursday | 04:01 | [ え と ぶん ] | comments(0) | hatu |

comment








   

----- DO NOT USE ANY CONTENTS ON THIS WEBSITE WITHOUT OUR PERMISSION -----