弥生まであと少し。

お久しぶりです。hatuです。
今年はこまめにブログ更新しようと思っていたのに
気がつけばもう2月も終わり。
すぐそこまで春がやってきてます。

今まで一体何をしていたのかというと
特になんにもしてません。
冬眠してました。
3月からは春休みの予定ですが…笑。


さてさて、今年は久しぶりにサッカーにハマってます。
なんでまた?と思われるかもしれませんが
実はオイラ昔からこっそりサッカー好きでして。

ヒデ(中田英寿)がイタリアのペルージャに移籍して
ユベントス相手にあわやハットトリックか!?という
ビッグニュースが飛び込んでくる前から
イタリアのセリエAなんかをケーブルテレビで見てました。

当時は専らインテリスタ(インテル・ミラノというチームのファン)で
その頃のセリエAは、世界最高峰と言われるほど
素晴らしい選手がたくさんいたのです。

20世紀の怪物と言われたロナウドや
イタリアの至宝と称えられたロベルトバッジョがインテルにいて
デルピエロとインザーギがユベントスに
アルゼンチンのバティストゥータがフィオレンティーナにいる。
そんな時代でした。

あの頃は、日本でもすでにJリーグが発足していたのだけれど
よほど人気がなかったのか
それともサッカーを広めようとしていたのか
ケーブルテレビを契約さえしておけば
そんなすごい選手が出てる試合をほぼ毎週、生で見れたのです。


少し話が脱線してしまいましたが
オイラが応援してるのはVファーレン長崎という
J2(2部)のチーム。

特にひいきにしている選手がいたわけではないのですが
(今年から加入したファンマというスペイン人の選手は一番のお気に入りです)
長崎という場所が昔からなにかと縁のある場所でもあり
好きな街でもあるという理由からでもあります。

それに、チームカラーのオレンジがとても好き。
(Vファーレン長崎はブルーとオレンジがチームカラーなのですが)
オレンジが好きなので、他にも同じくJ2の愛媛FCとか
フランスリーグ1のロリアンFCとかが好きです。

それと、もうひとつ。
このVファーレン長崎の監督をやっているのは、その昔アジアの大砲と言われた
あの高木琢也氏なのです。
知る人ぞ知る。みたいな話で申し訳ないですけど。

なんで長崎なんだ!福岡にもアビスパがあるじゃないか!と言われそうですが
アビスパは思いっきり地元ということもあって
昔からいろいろと関わりがありまして
あまりいい思い出がないというか、
福岡市民ならアビスパ応援するのが当たり前だろ!と
頭ごなしに決めつけられるのが好きではないというのも
大きな理由です。

まだまだオイラは隠居する歳もでないのですが
この先いつか隠居できるのならば
このVファーレン長崎のスタジアムのある諫早市に移住して
のんびりとサッカー観戦でもしながら
余生を過ごしたいなーとか思ってる次第です。


またまた話は脱線しますが
現実逃避するには、引越先を探すのが一番です。
ただぼんやりとどこかに引っ越したいなーとか言うのではなく
もっと具体的に候補を絞って、実際に物件を探してみるのです。
賃貸でもいいし、中古の一軒家でもいいし。
田舎の方だと、この間取りでこの値段???なんて物件もきっと見つかります。
最近はグーグルのストリートビューで
実際の風景をある程度細かく見ることもできるし
近くにこういうのがあるのかーとか
この部屋の窓から海が見えるのかーとか考えると
もう妄想は止まりません。笑。
ちなみに大分の別府市で部屋を探してみると
部屋にトイレはあるけど、お風呂がない部屋が多いです。
近くにたくさん温泉があるから、そこを利用しろってことなんでしょうね。きっと。

今は便利な世の中になったもので
ネットさえ繋がればどこでも仕事はできます。
(オイラの場合は…ですけども)
現実逃避ではなく、いつか実現したらいいなぁ。なんて
心の片隅に夢を抱きつつ、お仕事することにします。

今日、今年のJ2リーグが開幕しました。
オイラはVファーレン長崎のファンでも
住んでいる場所が福岡なので
アビスパ福岡とトリニータ大分をNHKで見てましたが。
長崎は4-0と快勝したので、急いで記念のイラストを描きました。



※ダゾーン(DAZN)という黒船がやってきて、放送権を全て買い取ってしまったため
 なかなか試合を見ることはできなくなってしまいましたが
 うちのひかりTVでDAZNが対応すれば、もしかしたら契約するかもしれません。
 
というわけで、明日も笑顔で。

| 2017.02.27 Monday | 01:50 | [ え と ぶん ] | comments(0) | hatu |

comment








   

----- DO NOT USE ANY CONTENTS ON THIS WEBSITE WITHOUT OUR PERMISSION -----